倉庫でオゾン脱臭機を採用する目的

  • 発生した臭いをリセットする
  • 工場全体の除菌・浮遊菌対策
  • カビ菌等の混入の予防

xxx食品工場様

容積xxxxxm³~
作業効果食品加工場の浮遊菌対策。
24時間タイマーを駆使し、夜間の人がいない時間帯で、オゾンによる殺菌を行う。
浮遊菌濃度が一定以下になるように、浮遊菌濃度の測定と、最適なオゾン濃度、燻蒸時間をプログラミングする必要があります。

K食品工場様

容積4000m³~
作業効果工場内で発生する様々なニオイが食品に移る前に脱臭したいとの要望があった。また、HACCP工場として、除菌にも力を入れており、工場全体の除菌方法を検討されていた。
ActivO-J投入後は、様々なニオイをしっかりと脱臭すると同時に、洗浄やアルコールが届きにくい部分まで除菌ができた。コスト面でも、アルコール費や時間などが大幅に削減でき、大満足であった。
倉庫1