福祉施設でオゾン脱臭機を採用する目的

  • 退去時清掃時の除菌・脱臭
  • おむつから漏れ出し糞尿の臭いのリセット

都内某知的障害者支援施設様

対象臭気尿臭、便臭、嘔吐物臭
容積75m³
臭気レベル作業前:5 ⇒ 作業後:0
状況入所者の尿、便、唾等をきれいに掃除されているが臭気の蓄積が酷い状況
作業方法水噴霧を実施後、ActivO-Jで30分 + 90分(オゾン薫蒸 + 回収分解)を実施。
作業効果永年の臭気が蓄積し、かなりきつい複雑臭があった。30分のサイクル(オゾン薫蒸 + 回収分解)では脱臭しきれず90分のサイクルを追加で行った。
作業後、少しオゾン臭さが残ったので窓を開け、空気を入れ替えてほぼ完ぺきに脱臭ができ担当者の方に喜んで頂きました。
福祉施設1
福祉施設2
福祉施設3