株式会社カイコーポレーション

オゾンの応用

Pocket

脱臭分野への応用

オゾンは化学物質である臭気物質を分解する効果があります。オゾンはただ単に対象物を分解するだけではなく、不安定な物質から分解する特性があります。この特性を利用して様々な分野への応用がなされています。オゾンで青果物の成熟を促すエチレンガスを分解し、鮮度保持や鮮度のコントロールをしています。他にも水道水の臭気物質の分解、中古車の脱臭対策、害虫のフェロモン物質の分解などに用いられています。

これらのオゾン特性を理解した利用方法は、火災現場後の臭気物質、ダイオキシン類の分解、シックハウス物質の分解、香水臭、タバコ臭、カレーなどの調理臭、倉庫内部に染み込んでしまった臭気物質を分解する脱臭分野に応用可能です。

臭気物質は色んなものに付着する特性があり、目に見えないような微細な穴に入り込んでいきます。そのためいくら換気をし、消臭剤を使っても取れないニオイがあるのはそのせいです。そんなケースでもオゾンであれば気体であるため細かい穴まで入り込んで対象臭気を分解して脱臭することが可能です。洗濯物を洗剤で洗うように、空気空間を洗う(綺麗にする)にはオゾンガスが最適なのです。

殺菌への応用

殺菌の事例は水も例外ではなく、東京都水道局では水中の臭気物質や細菌増殖抑制にオゾンを使用しています。この東京都も使用しているオゾンの殺菌への応用は医療分野や野業分野、畜産分野などでも応用されています。
オゾンは、同様の殺菌効果がある次亜塩素酸ナトリウムよりも副生成物の塩素系化合物が発生しないため、洗浄が不要などの利点があります。これにより食品分野ではカット野菜の洗浄や農業分野では病害菌の殺菌、畜産分野では殺菌工程に活用がなされています。

オゾンの特性をよく理解することで様々な分野に応用することが可能です。